保健所に転職する

保健所に転職する

ナース求人を見てみると、保健所が募集を出していることもあります。保健所とは、公的機関の一種で、地方自治体が運営しています。地域住民に対する健康診断や妊娠している人、新生児のいる母親に対して、健康面や衛生面で気をつけるべきことについてのアドバイスなどをします。このように、受付担当業務をするのも、看護師であることもあります。

 

保健所のナース求人では、なかなか職を確保することは難しいと思ってください。一般的に、保健所のナース募集は競争率が非常に高くなる傾向があります。

 

病院と比較をすると、かなり労働条件はいいです。入院病棟担当のナースの場合、勤務時間も不規則になります。しかし保健所の場合、原則として夜勤をすることはまずありません。また公共の施設ですから、土日や祝日もクローズになります。規則正しく業務をすることができるわけです。

 

ナースをしている人の中には、結婚をして育児もしながら、という人もいるでしょう。そのような人の間では、保健所のナース募集に飛びつきたいと言う人も多いようです。上で紹介したように、夜勤がなく休みも多いので育児や家事との両立がしやすいのです。

 

保健所で働くためには、特定の知識について勉強をしておくと良いでしょう。近年、保健所ではメタボ検診に重点を置いている傾向があります。また感染症などに対応して地域住民に対して、いろいろと指導を行うこともあります。メタボ検診や感染症の知識をきちんと身につけておくと、就職に有利になるでしょう。