訪問看護で働く

訪問看護で働く

ナース求人を見てみると、近年訪問看護の案件が多くなってきている印象があります。通常患者さんは、医療機関に自ら足を運ぶスタイルをとるのが一般的です。

 

しかし訪問看護の場合、医者もしくはナースが患者の自宅に行って、定期的に診断するスタイルをとっています。必要に応じて注射や点滴と言った簡単な治療を実施することもあります。高齢者の中には慣れ親しんだ自宅で療養したいと言う人もいるでしょう。そのような人にとっては、訪問看護で治療を受けるのは理想的な余生の送り方とも言えます。

 

訪問看護の仕事としては、医者とナースが組んで仕事をするスタイルをとることが多いようです。しかし中には、ナースだけで訪問看護の仕事をすることもあります。

 

最近では独居老人と言って、一人暮らしをしている高齢者の方も多いです。そのような所に訪問をして、医療的なケアはもちろんのこと、身の回りの世話やちょっとした話し相手になることもナースには求められています。訪問看護の場合、多くても医者と2人で仕事に当たることになります。このため、ナースの果たす役割は病院の医療スタッフとしてよりも大きなウエイトを占めることを理解しておきましょう。

 

ちょっとした高齢者の話し相手になるわけですから、コミュニケーション能力にたけている必要があります。しかもあなたが話をするよりは、相手の話を聞いてあげることの方が多いでしょう。つまり、聞き上手な人の方が訪問看護には向いていると言えます。