臨床開発モニター

臨床開発モニターについて

製薬会社では、いろいろな新薬の開発を行っています。この時、商品化する前に本当に人体にとって害のない、効果のある薬かどうかについて確認をする必要があります。

 

治験を実施することで、人間の体に問題がないことを証明する必要があるのです。この治験実施にあたっては複数のナースが必要になります。そこで、製薬会社でナース求人の案件を出すこともあります。その中の一つに、臨床開発モニターの業務があります。

 

治験コーディネーターはどちらかと言うと、患者の側に立って、健康状態に変化がないかどうかなどのチェックを行っていきます。一方臨床開発モニターは、製薬会社の方のスタンスをとって、業務を遂行することになります。

 

治験プロセスがきちんと進められているかどうかのモニタリングをしたり、データの回収をしたりしていきます。コーディネーターはCRCと呼ばれますが、臨床開発モニターは、CRAと呼ばれることもあります。

 

治験コーディネーターの場合、患者さんとコンタクトする時間も長くなります。ですから、適切なコミュニケーションスキルを持っている必要があります。しかし臨床開発モニターの場合、患者と触れ合う機会はそうはありません。

 

むしろデータの回収やデータの解析と言ったことの方が、重要な仕事になります。数字などの分析能力にたけている人が臨床開発モニターにふさわしいということができるでしょう。臨床開発モニターはナース以外では薬剤師の資格を持っている人も担当することが可能です。