退職願について

退職願について

看護師長など、上司に退職をする意思を伝え、退職する日まできちんと決めることができたら、退職願を書くことになります。ちなみに「退職届」ではなく「退職願」になることを忘れないようにしましょう。退職願をかく時には、万年筆もしくは黒のボールペンで作成しましょう。用紙は便せんで構いませんが、白地に無地のものを使用することです。

 

書式は基本的に縦書きで作成します。そして自分の所属部署と名前は、病院名よりも下の方に書くようにしましょう。そして自分の名前の下の所に捺印をするのがマナーになっています。退職日については、あらかじめ看護師長と相談をして、決めていると思います。その日付を記入するようにしましょう。

 

退職をする理由について記入をしないといけないことになっていますが、これは「一身上の都合で」と言う風に書けばいいでしょう。看護師長に退職の意思を伝えたときに、やめる理由についていろいろと説明をすることもあるでしょう。

 

しかしその理由をそのまま退職願の方に書く必要はありません。また看護師長に話をする時でも、いろいろと話しにくいことも出てくるでしょう。その場合にも、「一身上の都合で」で通してしまって構いません。中にはしつこく退職する理由を聞いてくる人もいるかもしれませんが、その場合でも「一身上の都合で」で押し通してもいいです。

 

届出年月日も記載をする必要があります。通常は提出する日付を記入するのですが、看護師長と相談のうえで作成するといいでしょう。